渋谷駅周辺

都心に乗り入れている鉄道各社の将来的な事業計画は住まいを考えている人にとっては大きな関心事と言えるかもしれません。そんな中でいま話題をさらっているのが旧東急東横線の地下化に伴い大きく変貌を遂げつつある渋谷駅周辺。この一大プロジェクトについて公開されている情報を交えご紹介したいと思います。現在ではかなりの計画が完了しつつあるなかで、東急が当初掲げていたのが、エリアでは三つ(渋谷駅周辺、表参道・原宿エリア、代官山・恵比寿エリア)でプロジェクトは九つ。2017年時点で完了している表参道・原宿エリアの渋谷キャスト(2017年4月開業)と渋谷ヒカリエ(2012年4月開業)を除くとプロジェクトは七つ。渋谷駅周辺の「渋谷スクランブルスクエア(最終2027年開業)」「渋谷ソラスタ(2019年3月竣工)」「渋谷駅桜丘口地区(2023年度竣工)」「渋谷二丁目17地区(2024年度開業)」「渋谷フクラス(2019年11月開業)」「渋谷ストリーム(2018年9月開業)」の6プロジェクトと代官山・恵比寿エリアの「渋谷ブリッジ(旧:渋谷代官山Rプロジェクト)」と伝えられています。