住宅ローンで気になる金利のはなし

住宅ローンを具体的に検討していく段階で、悩ましいのが金利をどのタイプにするか決める時。多く利用されている「フラット35」は固定金利型なので選択の余地はありませんが、銀行など金融機関を融資先とするローンでは、いろいろなタイプがあり判断に迷うところでしょう。この金利のタイプには大きく分けると先の固定型のほか、変動型と固定期間選択型の3種類。その名称でおおよそ検討はつきますが、問題はその仕様が融資先によってまちまちであること。とはいっても一般的にはベースとなる条件はある程度決まっているようです。例えば変動型でいえば通常は年に2回の金利見直しが行われ、返済額見直しが5年ごとというのが一般的とされています。次の固定期間選択型では、固定金利とする期間が一般的には3年、5年、10年とされ、この固定金利期間経過後はその時点以降で変動金利型とするかあるいはそれまでと同じような固定金利型で期間の異なるタイプを選ぶこともできるようものもあるようです。いずれにしても金額の大きな借入であることにかわりはなく、金利のわずかな差も返済額に大きく影響してくるため契約時点の金利状況等も勘案したり、その方面に詳しい人にアドバイスをもらったりと検討に時間をかけてもやむを得ないのかもしれません。