カテゴリー: ブログ

マンションは経年劣化を考慮に入れて退去することが重要

Published / by admin

一般的にマンションは鉄筋コンクリートで建築された頑丈な建物となっており、かなりの長い期間安全性が保たれ高耐久というイメージがあります。しかしながら、どのような建物であっても内部は経年劣化をすることが避けられません。マンションの室内に関しては使用にあたっての汚れや破損が進みやすいこともあり、マンションに暮らす場合には居住者の保守管理の状況によって、その度合いが大きく変わってくることも見逃せない事実でしょう。定期的に適切にメンテナンスが行われているのであれば、長期間にわたりきれいな状態を維持することができるものです。また日常生活における通常の汚れは、一般的な経年劣化として含まれますので退去時に多くの負担が発生することもありません。自分の責任である故意の破損や汚損は経年劣化とみなされない場合もありますので、退去前に確認しておくことがおすすめです。

マンションを賃貸に出すのか売るのか

Published / by admin

これまで住んでいたマンションを、なんらかの理由で手放すことになった場合、賃貸に出したほうがよいのか、それとも売却のほうがお得なのか迷う方もいらっしゃるでしょう。売却するにしても貸すにしても、それぞれにメリットとデメリットはあります。

まず、賃貸に出す場合のメリットは、「定期的な収入が見込める」ということです。また、賃貸運営にはお金が掛かるためそれを「経費」として計上することができます。

一方で売却する場合には、売却するとまとまった現金が入り、場合によってはローンが一括完済できるという可能性です。そして売却して利益が出た場合には、譲渡所得税を払う必要が出てきます。

このようにどちらにしても良い面とそうでない面があるため、よく検討されてください。

品川エリアのマンションで暮らすメリット・魅力

Published / by admin

都内にあるマンションの購入を検討している人も多いのではないでしょうか。そのような場合に近年注目のエリアの1つには品川が挙げられます。この地域のマンションは、東京都内でも交通の拠点となる主要な駅・空港などへのアクセスが良いのがメリットです。

旅行や出張が多い人にとっても暮らしやすいエリアといえます。また都が指定したアジアヘッドクォーター特区でもあり、再開発が進んでいるほか今後の発展も期待できる場所です。

企業が多い地域というイメージが強いかもしれませんが、近隣には閑静な住宅地も広がっているほか日常的な買い物に便利なスーパーマーケットやショッピングモール、コンビニなども揃っているのでマンション暮らしにも適しています。

新宿のマンションを選ぶことのメリット

Published / by admin

東京都の副都心として知られる新宿に住むことには多くの魅力があります。ここにあるマンションを選ぶことの利点には、利便性をあげることができるでしょう。

公共交通機関が利用しやすいだけでなく、遊べる場所や買い物できる場所もたくさんあるので、遠くに出かけなくても充実した日々を送ることができます。高台に建っているマンションを選ぶこともできるので、開放的な暮らしを実現したい、素敵な景色を堪能したいという希望がある人にもピッタリです。

新宿には繁華街などもあるので落ち着いて生活できないと思う人もいるかもしれませんが、実は文化的な土地としても有名であり、落ち着きのある場所でマンションを借りたり文化的なエリアで過ごしたりすることもできます。

静謐なる場所にある高級賃貸住宅

Published / by admin

高級賃貸住宅を検討する人たちにヴィンテージマンションが人気です。迎賓館赤坂離宮に近いロケーションに建っているとなると、大変な人気となります。青山や六本木を日常となるわけですし、迎賓館赤坂離宮は通年で一般公開されるようになったことで、憧れの地ともいえる場所です。迎賓館赤坂離宮は世界各国の国王や大統領、首相など要人をもてなす場であり、贅を尽くした絢爛豪華な施設です。そんな華やかな外交の場に近いというのも素晴らしいことですが、そこに近接している場所に建つマンションとなると、都心のまさに中枢という立地でありますし、静謐さも保った緑濃い環境に包まれているのも高いメリットがあるといえます。また、他にも新宿御苑も身近ですし、明治神宮外苑のい銀杏並木も楽しみな場所です。色鮮やかな並木道はメディアにもたくさん取り上げられていますし、秋が深まると多くの人が訪れて、賑わう場所です。

マンションリフォームDIY

Published / by admin

マンションのリノベーションに最近では欠かすことのできなくなったDIY。若い世代の方々にとっては、クリエイティブな作業として生活の一部に取り入れられてもいるようなのです。限られた予算のなかでリフォームを行うためには、出来る限りコストパフォーマンスの良い施工方法を考える必要性がありますが、DIYを取り入れることで大幅な人件費と作業工賃がダウンできることから、マンションリフォームのなかでも出来ることは自分たちで作業したいと考えるご依頼主さまも増加しているようです。壁の塗装などは、案外性格が出るものですからお互いのクォリティを家族間で競うのも面白いかもしれません。多少の失敗ものちの良い思い出として振り返ることもできるのではないでしょうか。

住宅ローンで気になる金利のはなし

Published / by admin

住宅ローンを具体的に検討していく段階で、悩ましいのが金利をどのタイプにするか決める時。多く利用されている「フラット35」は固定金利型なので選択の余地はありませんが、銀行など金融機関を融資先とするローンでは、いろいろなタイプがあり判断に迷うところでしょう。この金利のタイプには大きく分けると先の固定型のほか、変動型と固定期間選択型の3種類。その名称でおおよそ検討はつきますが、問題はその仕様が融資先によってまちまちであること。とはいっても一般的にはベースとなる条件はある程度決まっているようです。例えば変動型でいえば通常は年に2回の金利見直しが行われ、返済額見直しが5年ごとというのが一般的とされています。次の固定期間選択型では、固定金利とする期間が一般的には3年、5年、10年とされ、この固定金利期間経過後はその時点以降で変動金利型とするかあるいはそれまでと同じような固定金利型で期間の異なるタイプを選ぶこともできるようものもあるようです。いずれにしても金額の大きな借入であることにかわりはなく、金利のわずかな差も返済額に大きく影響してくるため契約時点の金利状況等も勘案したり、その方面に詳しい人にアドバイスをもらったりと検討に時間をかけてもやむを得ないのかもしれません。